占い通りの9月

こんばんわ〜☆ようこそお越し^^

や〜最近ついてない目に遭うことががほぼ毎日続いてます。。。
調子が良い時は気にしませんが、ツイてない時・調子悪い時に限って
占いサイトを見てしまいます。。。
ちなみにココ 0学占いってヤツなのですが
自分の生年月日、性別を入力するだけのヤツです。

とりあえず、ワタクシの今月の運勢は?0地点?らしく
一番運の悪い、ツキが来ない月 らしいです。

・・・・当たってる〜。というかその通りでちょっと安心したな。。
これで、占いに今月サイコーです!なんて書かれてたら
さすがに参ってたやろうなぁ・・・。

―――――ー
さて、今日は美術館巡りをしてきました☆
というのもチケットが金券ショップで安く売ってたので衝動買いです。
で、行ったのは
国立新美術館ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密」展です
マルガリータ王女ですね☆

ベラスケスのマルガリータ王女よりも、私はルーベンスの絵が見たいのです!
というのも何年か前に、京都の美術館でウィーン美術史美術館展をやっていて
見に行ったことがあったのですが、
その時に見たルーベンスの?メデューサの首?の絵が
すっごい衝撃で生々しかったし、目が離せなかったんです。
もう一度見たいなぁ(図録買っとけばよかった)とかずっと思ってて、
度々ウィーン美術館展があれば足を運んでたのですが、ルーベンスの作品は無く、
今回の展覧会に賭けてたんですよ!
京都の時もマルガリータ王女来てたし、今回も王女来てるし、ルーベンスもあるやろと

。。。。来て無かったんですよ!王女だけ来てて★
いや、ルーベンスの作品もあったかと思うのですが、
?メデューサの首?の絵は来てなかったんですよ!!

むむむ。チケットを安く買えたからまぁ良いですが。。
正直、(自分的に)パッとしない作品でしたね。
もっと宗教画とか、こう、カッ!とか、ワ〜!とかそういうのが見たかったなぁ。
静物画だったのでおとなしい印象でした。まぁ静物画メインの展覧会なのですが。

そして美術館のもう一つのお楽しみ、グッズ売り場で図録など関連本を物色。
。。。。あったんですよ!
ルーベンスルーベンスの本(画集)が☆そして?メデューサの首?の絵も!
金欠気味ですが、ルーベンスの本を買いました^^
   (家に帰ってずっと眺めてます。)

ルーベンスの本を買えたのでまぁ良しですが、展覧会自体はパッとしなかったので
もう一軒別の展覧会に行くことに。

江戸東京博物館でやってる
?北京故宮 書の名宝展−王羲之「蘭亭序」日本初公開−?
一応、書道には興味があるんですよ。字、は下手な方ですが。。。
や〜混んでましたね。
さすが王羲之!ちょっと書道を たしなんでた私でも名前知ってますから
相当な大物ですね(大物っていう括りはホントに失礼ですが;)
その作品が日本で見れるっていうのも、ちょっと凄い気がしてきた。

さっき行ったウィーン展よりずっと良い!

筆の運びとか強弱とか全体のバランスとかじっくり見た^^
きれいな字ってやっぱいいですよね。
作品を見てて、書いてる人の集中力も感じられた!

うむ。集中力ですな。書道は。
最初から最後まであの丁寧な字が続くのは相当な集中力が要るはず。

しかし、客層がお年寄りの方が多かったので、皆様メガネを取って
近くで見たりするので、作品にうっかり触れてしまうんじゃないかと
ヒヤヒヤしました。
―――――
ふむふむ。
きょうは長文でしたね
明日も仕事休みなのでまだまだゆっくり出来ます^^
明日は何しようかな☆